神経細胞多様性の理解に
革新をもたらす

お問い合わせ 価格のお問い合わせ

シングルセル解析で多様な神経細胞の複雑性を解明

神経細胞集団は動的で、細胞の運命や状態、機能は様々です。これらの多様な側面を解明するには、遺伝子発現プロファイルを同定して細胞系統を解明し、細胞サブタイプのプロファイリングを行うことが必要です。バイアスのある細胞解析や、プールしたサンプルの使用、煩雑な解剖そして染色技術が、これまで神経細胞系の複雑な事象を解明する妨げとなってきました。

10x Genomicsのシングルセルシーケンス技術により、細胞の正常な機能および疾患状態の両方の根底にある分子メカニズムについて新たな知見を得ることができます。

  • 数百~数万個の脳細胞における細胞内不均一性、神経細胞の種類と状態、神経細胞活性化および動的な細胞の移り変わりを包括的に特性化
  • 事前選情報を必要とせず、バイアスのない細胞ごとの転写産物そしてゲノム不均一性の測定により、希少または新規の神経細胞集団やサブタイプを同定
  • 個々の神経細胞における、遺伝子発現および細胞表面タンパク質のプロファイリング、オープンクロマチン領域マッピング、そして細胞ゲノム全体にわたる解読により、神経疾患の根底にある細胞機能および分子機序を解明

10x Genomicsの新しいシングルセルソリューションで
複雑な神経系を多面的に理解

Single Cell Immune Profiling
不均一な脳細胞集団の特性化
シングルセル遺伝子発現

神経発生の過程において、細胞および分子レベルの動的な変化により神経前駆細胞から神経細胞、星状細胞、そしてオリゴデンドロサイトなどの多様な細胞集団が形成されます。動的な変化は疾患時も起こりますが、正常な神経学的プロセスにおいても分化する細胞にも発生します。細胞の亜集団の複雑性を明確化することは、神経疾患における細胞調節異常および神経発生の過程を理解するために役立ちます。10x Genomicsのシングルセル遺伝子発現ソリューションにより、以下が可能です。

  • 活性化神経細胞および希少な神経細胞タイプを同定するための、事前情報を必要としない個々の細胞レベルでのトランスクリプトーム解析
  • 神経細胞、星状細胞およびオリゴデンドロサイトの細胞集団およびサブタイプの相互関係のプロファイリング
  • 神経発生および神経疾患の根底にある詳細な細胞機能および分子機序の理解
Single Cell Immune Profiling
個々の細胞表面マーカーと遺伝子発現の測定
細胞表面タンパク質を含むシングルセル遺伝子発現ソリューション

細胞表面マーカーの発現は、複数の動物種由来の胚や成人組織において、FACSを使い神経細胞タイプの同定、および分離に用いられています。さらに、細胞表面タンパク質を介した複雑なシグナル伝達は、脳内の迅速な情報伝達を制御しています。細胞表面タンパク質の同定は、脳内の迅速な神経調節シグナル伝達の研究、疾患バイオマーカーの特定および神経細胞タイプをさらに区別するために極めて重要です。表面タンパク質の測定のために、 10xシングルセル遺伝子発現ソリューションとFeature Barcodingテクノロジーを組み合わせることで、以下が可能です。

  • どう細胞から細胞表面タンパク質とトランスクリプトームの測定を統合
  • フローソーティングや事前濃縮を必要とせずに、神経細胞および非神経細胞の種類、シグナル伝達経路、ネットワークをマッピング
  • タンパク質のアイソフォーム発現測定による、脳細胞集団のさらなる区別化
  • タンパク質と転写産物の情報の統合による、新しい細胞タイプの同定
Single Cell Immune Profiling
神経発生過程のエピジェネティックな変化の追跡
シングルセルATACソリューション

エピジェネティックなメカニズムを介した遺伝子発現の制御には、神経細胞における内因性プログラムのシグナルおよび環境シグナルが関与しています。エピゲノムをシングルセルレベルで解析することは、神経細胞集団の発現プロファイルの発生および調節を理解する上で重要です。シングルセルATACソリューションは、遺伝子制御ネットワークの解析をさらに充実させます

  • シングルセルレベルでクロマチンランドスケープのプロファイリングを行い、神経細胞集団の遺伝子発現制御におけるヌクレオソーム、クロマチン凝縮およびDNA結合タンパク質の役割を同定
  • 細胞のエピジェネティック変動の解明
  • 神経可塑性におけるエピジェネティクスの役割を詳細に分析
Single Cell CNV
遺伝的不均一性を明らかにし、ニューロンのモザイクをマッピング
シングルセルCNVソリューション

いくつかの脳疾患の神経病理には、細胞遺伝学的変異および染色体異常が関与しています。脳組織は非常に不均一性であるため、これらの変化を同定し検証することは困難です。標的外細胞により異常なゲノムを有する細胞集団が希釈されるため、より高い感度が必要となります。10xシングルセルCNVソリューションにより、以下が可能です。

  • 数百~数万個の細胞におけるコピー数多型を検出し、遺伝的不均一性を明らかにし、特異的な遺伝的集団を明確化
  • 神経細胞のモザイクおよびそれが発生や疾患に及ぼす影響を特定
  • 神経発生および疾患の病因における細胞系統の深い洞察
10x Genomicsの新しいシングルセルソリューションが、
複雑な細胞系の多次元的理解を可能にします。
お問い合わせ 価格のお問い合わせ