がん研究

がんの真の生物学を
明らかに

多面的角度からがんの姿に迫る

高精度な解析でがんを誘発する細胞タイプや変異を理解し、がんの複雑性に取り組む。10x Genomicsでは、この複雑な疾患の詳細と動態を解明する技術を開発しています。

カタログのダウンロード
 

免疫腫瘍学

腫瘍免疫応答の特徴づけを行い、免疫療法を進展させます。浸潤免疫細胞の受容体レパトアを明確にします。

腫瘍微小環境

腫瘍微小環境の空間的な状態を明らかにします。シングルセルにおける動的な転写状態を捉えます。

腫瘍の不均一性

隠れた腫瘍クローンを明らかにし細胞種の違いを区分けします。遺伝的およびエピジェネティックな変化を細胞ごとに測定します。

がんゲノミクス

がんゲノムにおける異常を明らかにします。まれな腫瘍変異を特定し、シングルセルレベルでDNAコピー数の変動をプロファイリングします。

多次元におけるがんの視覚化

Fred Hutchinsonがん研究所の研究者らは、腫瘍微小環境をより深く理解するために、多次元シングルセル解析を用いています。この技術は腫瘍に対する身体反応を調べることで重要なドライバー変異を発見し、治療が失敗した理由の解明に役立っています。

がんの真の複雑さに取り組む

10x Genomicsのソリューションにより、がん研究者はより根本的な問題を見つけ、それに対する答えを導きだします。多面的ながんの姿に迫るために、10xのイノベーションを使って研究者がどのようにアプローチしているかをご覧ください。

研究を強化するための主なリソース

 

シングルセルRNAシーケンスにより、肺がんの生物学に関するさらなる洞察を明らかにします。


がん研究セミナー

シングルセル解像度でのゲノムコピー数プロファイリングにより、どのようにして乳がんサンプル中の腫瘍細胞と正常細胞の混合状態を明らかにできたのかをご覧ください。

がん研究アプリケーションノート

シングルセルのマルチオミックスアプローチを用いたT細胞レパトアの詳細な解析をご覧ください。


がん研究ポスター

より詳しい情報はこちらから