Visium CytAssist

組織学とゲノミクスの架け橋

価格表はこちら

Visium CytAssist instrument

リソース:

  • 選択肢

    FFPEブロックまたはスライド上に準備した切片組織からスタート

  • 信頼性

    事前スクリーニングで最も生物学的に関連性のある組織を選択

  • 柔軟性

    HEおよびIF染色用の標準的な組織学ワークフローをシームレスに統合

サンプル処理を簡素化

  • The Visium CytAssist is a compact instrument designed to simplify the Visium workflow by facilitating the transfer of transcriptomic probes from standard glass slides to Visium slides, enabling spatial profiling insights to be gained from an expanded range of FFPE samples.
    CytAssist instrument with labeled dimensions, 10" x 8" x 12"
  • サンプル管理を簡素化

    標準的なスライドガラスからスタートします。Visium CytAssistを使用すると、ユーザーは標準スライドの組織切片から始めることができ、一般的な組織学ワークフローを使用して切片を準備、染色、および画像取得を行います。

  • サンプルアクセスの拡大

    CytAssistは、HEまたは免疫蛍光染色されたFFPE組織切片に対応しています。あらかじめ切片あるいは染色した組織を対象に、6.5 x 6.5 mmまたは11 x 11 mmのキャプチャーエリアを含むVisiumスライドを使用します。

  • 空間的な発見の最大化

    組織切片を事前にスクリーニングしたあとは、手動で切片の位置をVisium キャプチャーエリアに合わせ、空間的な発見を最大限に活用します。

CytAssistを用いたVisiumワークフロー

Visium for FFPE workflow, including transfer of sample from standard glass slide to Visium slide using CytAssist

**Visium CytAssistで、FFPEサンプルのトランスクリプトーム分析物の転写を容易に。**Visium CytAssistのワークフローでは、切片作成、脱パラフィン、染色とイメージング(HEまたはIF)を標準的なスライドガラス上で行います。プローブのハイブリダイゼーション後、2枚の標準スライドガラスと2つのキャプチャーエリアを持つVisiumスライドをCytAssistに設置します。標準スライド上の組織切片を2つのVisium キャプチャーエリアの上に合うようにセットします。装置内では、データ解析のための空間的な方向性を示す明視野画像が撮影され、その後転写産物のプローブがVisiumスライドの上にキャプチャーされます。プローブ伸長から始まる残りのステップは、装置外での標準的なVisium FFPEワークフローに従います。

Visium CytAssist

切片した組織からVisiumスライドへ、分析物の移し替えを容易にするコンパクトな装置です。

Visium遺伝子発現の試薬

Visium FFPE空間的遺伝子発現に対応しています。

データ視覚化ソフトウェア

解析パイプライン

視覚化ソフトウェア

世界トップクラスの技術とカスタマーサポート

専門サポートチームに、電話またはメールでお問い合わせいただけます。

よくある質問

Visium CytAssistは、ブロック保存されたFFPEサンプルおよび標準のスライドガラスに切片化されたFFPEサンプルからもVisiumの実験を可能にします。事前に切片化されたサンプルはHEやIFで染色し、そのままVisiumワークフローに進むことができます。

CytAssistは、ヒトおよびマウスのFFPEサンプルに対応する予定です。

Bridge histology and genomics with Visium CytAssist