Linked-Readsのパワーで発見スピードを加速

Linked-Readsとは?

Linked-Readsは10x Genomicsが開発した新しいシーケンステクノロジーで、マイクロ流路を利用して高分子DNAをパーティション化してバーコード化することで、ショートリードシーケンサーからゲノム全体の情報を入手できる新しいタイプのデータを産出します。この技術により、少量のインプットから、単一の強力なワークフローで複数のアッセイを統合することができます。つまり、Linked-Readsによりショートリードのシーケンスデータからロングリードの情報を入手でき、これまで見逃していた情報も新たに発見することが可能です。

研究分野

がん研究

単一のアッセイでより多くの変異を発見することにより、がんの分子基盤を解明し、腫瘍の不均一性をよりよく理解することができます。

詳細はこちらから

遺伝医学

単一の強力なワークフローで多くの変異を解き明かし、疾患遺伝に関する理解を向上させます。

詳細はこちらから

集団遺伝学

変異に関する最も包括的な知見を入手し、より多くの疾患関連領域にアクセスすることができます。

詳細はこちらから

Linked-Readsの仕組み

Linked Reads Graphic

Linked-Readsは以下のことを可能にします。

  • NGSデッドゾーンへのアクセス
  • より多くの構造変異の検出
  • ハプロタイプの解析
  • 容易なゲノムアセンブリ
ポスターのダウンロード
Linked Reads Runner Graphic

Linked-Readsについてもっと知りたい

お問い合わせ