Xenium In Situ Panels

重要な生物学的現象をin situで特定

新鮮凍結組織切片、またはFFPE組織切片のシングルセル空間的プロファイリングのためのパネルを用意しています。設計済み パネルを使ったり、遺伝子を追加して部分カスタム化したり、最初からカスタムパネルをご自身で設計することも可能です。

専門家にご相談ください
カスタムパネルのデザイン
Graphic showing a comparison of the time it takes to process 30,000 cells using Cell Ranger on various infastructures
Preorder now
An ultra-high-plex assay with unrivaled performance
  • Explore your tissue with 5,000 genes to deeply characterize cell types, pathways, cell-cell interactions & more
  • Get greater confidence in your results with an optimized assay, multimodal cell segmentation & high spatial fidelity
  • Obtain results faster with up to 472 mm2 of tissue analyzed in 6 days or less
Get panel details
設計済みパネル

キュレーション&バリデーション済みの生物学的コンテンツ

すぐに使える以下のパネルは主要な細胞種や細胞状態をターゲットとしており、実験を開始できます。

Speak to a specialist
View pricing

ご利用可能な設計済みパネル

カスタムパネル

お客様の研究に完全に対応する柔軟性

固有の遺伝子マーカーや遺伝子発現シグネチャー、細胞種を標的とします。高度なカスタム化によって、アイソフォーム、遺伝子などを標的とするプローブを設計することができます。

専門家にご相談ください
カスタムパネルの設計

どのオプションがよいでしょうか?

パネル設計ガイダンス

パネルの種類

設計済みパネル

追加カスタムパネル

独自のカスタムパネル

使用事例

特定の組織またはアプリケーションに関連する細胞の種類や状態を標的とするパイロット実験

研究に重要な追加マーカーを設計済みパネルに追加

遺伝子発現シグネチャーが設計済みパネルの内容と異なる場合に推奨

遺伝子数

選定したパネルによる

設計済みパネルに含まれていない遺伝子を最大100追加可能

最大480遺伝子

生物種

ヒト、マウス

ヒト、マウス

十分アノテーションされたトランスクリプトームを持つ、哺乳類などほとんどの生物種

納品までの所要時間

即時出荷可能

設計、構築、出荷を含めて4~6週間

設計、構築、出荷を含めて4~6週間

高度なカスタム化

-

アイソフォーム、遺伝子融合、ウイルスまたは細胞の配列、タンパク質タグ、蛍光レポーターを標的とする特異的プローブを含む

テクニカルノートを見る

アイソフォーム、遺伝子融合、ウイルスまたは細胞の配列、タンパク質タグ、蛍光レポーターを標的とする特異的プローブを含む

テクニカルノートを見る
専門家にご相談ください

よくある質問

これはプローブベースのアッセイであり、3' ポリ(A) による捕捉を使用しないため、大部分のRNA種を検出することができます。将来的には、Xeniumは数千種の標的を解析する能力を得ます。

関心のある遺伝子を標的とするために、複数のパネルオプションからお選びいただけます。10xの設計済みパネルが数種のヒトおよびマウス組織について利用可能であり、また、カスタム追加パネルとして最大100遺伝子を追加するカスタム化もできます。さらに、独自のカスタムパネル(最大300遺伝子、十分に注釈されたトランスクリプトームを持つ、哺乳類などほとんどの生物種)をリクエストするというオプションもあります。

遺伝子追加によるカスタムパネルと独自のカスタムパネルはいずれも、アイソフォームや遺伝子融合、ウイルス・細菌配列、タンパク質タグ、蛍光レポーター、導入遺伝子などを標的とする高度なカスタム設計が可能です。現在10x Genomicsで提供されていない生物種のためのカスタムパネルや高度カスタム化オプションの詳細については、以下のテクニカルノートをご参照ください。

Xeniumパネルは、新鮮凍結組織とFFPE組織の両方に対応する統一されたアッセイで構成されています。さらに、使用されているケミストリーが穏やかであるため、Xenium処理後に組織をH&E染色やIF染色に用いることができます。

Xeniumは非破壊的な解析であるため、Xeniumで解析したものと同一の組織切片を装置外に移してH&EまたはIFでイメージング用に染色することが可能です。

The Xenium assay can take as few as 2 days with 4–6hrs of hands on time before loading on the Xenium Analyzer.

はい、市販の各パネルに最大100種の標的をカスタムで追加することができます。十分に注釈されたトランスクリプトームを持つ、哺乳類などほとんどの生物種について、最大480遺伝子からなる独自のカスタムパネルを設計することもできます。

さらに、特定のアプリケーション(例:アイソフォーム、遺伝子融合、ウイルス・細菌配列、タンパク質タグ、蛍光レポーター、導入遺伝子など)のために高度にカスタム化されたプローブの設計を、遺伝子追加によるカスタムパネル、または独自のカスタムパネルとしてリクエストすることもできます。

Xeniumユーザーのお客様の声

View post on LinkedIn
The Xenium In Situ platform consists of an automated analyzer, curated and/or custom panels, and intuitive visualization and analysis software.

Xenium In Situプラットフォーム

Xeniumは、シングルセルおよび空間テクノロジーにおいて10xが長年にわたって達成してきたイノベーションに基づき、本来の組織環境の中でRNAやタンパク質、細胞の特性を解析できるように研究手法を変革することを目的として設計されました。

Xeniumの旅を始めましょう