Xenium Analyzer

最先端のシングルセル空間的イメージングプラットフォーム

転写物検出のワークフロー、高解像度イメージング、デコーディング、オンボードデータ解析をシームレスに統合します。

専門家にご相談ください
価格はこちらから
Xenium Analyzer instrument

これまでにない画像・高品質データを実現

最先端の画像取得技術とナノメートルレベルの局在精度を有する高解像度の光学系

  • image

    他のプラットフォームよりも最大7倍速い業界最高レベルのスループット

    クラス最高レベルで空間的に分解されたシングルセル遺伝子発現データを、面積(mm2)あたり最速で生成。スライドあたり最大236 mm2、1週間に最大1

    400 mm2まで解析可能

  • image

    数テラバイトもの3D画像データを生物学的に意味のある知見へと変換

    独自のオンボード解析ソフトウェアが装置内で高度な計算を実行。内部の画像センサーデータは、ランの終了後すぐに、そのまま探索できる形式へと変換

  • image

    比類のないユーザーエクスペリエンス

    シンプルなランのセットアップやクリーンアップ、直感的なタッチスクリーン、そして人間工学的なデザインによって、スムーズな操作が可能

  • image

    今後のイノベーションと拡張機能

    柔軟な流路設計により、Xenium Analyzerは新機能やアッセイの改良などにすぐ対応可能

シングルセルの空間生物学に関する究極の経験

装置

Xenium Analyzer

Xenium Analyzer

寸法(幅 x 奥行 x 高さ)

52.5 x 27 x 31インチ(ドア開状態で59インチ)

解像度

転写物の局在精度はXY方向で 30 nm未満、Z方向で 100 nm未満

ランあたりのスライド数

2 slides

スループット(時間あたりの面積)

50時間以内に400 mm²

Runtime Plannerに移動する

ランあたりで解析可能な組織の総面積

~ 470 mm²

サンプル調製

サンプル調製は2~3日、4 cm2の組織をXenium Analyzerで解析するランタイムは50時間以内

データ出力のファイル形式

細胞特性マトリックス:MEX、HDF5、Zarr

転写物およびセグメンテーションの境界:CSV、Parquet、Zarr

接続性

10x Genomics Cloudによる装置管理システムに対応

Xeniumの科学的背景

Xeniumユーザーのお客様の声

View post on Twitter
View post on Twitter
View post on Twitter
View post on Twitter
View post on Twitter
View post on Twitter
View post on LinkedIn
The Xenium In Situ platform consists of an automated analyzer, curated and/or custom panels, and intuitive visualization and analysis software.

Xenium In Situプラットフォーム

Xeniumは、シングルセルおよび空間テクノロジーにおいて10xが長年にわたって達成してきたイノベーションに基づき、本来の組織環境の中でRNAやタンパク質、細胞の特性を解析できるように研究手法を変革することを目的として設計されました。

Xeniumプラットフォームの詳細はこちらから

Xenium の旅を始めよう