遺伝子発現に革命を

シングルセルRNA-SEQ

トランスクリプトーム解析は、多くの細胞をまとめたバルクベースの解析からシングルセルの解析へと飛躍し、かつてない高解像度の研究が可能になりました。

シングルセルRNAシーケンス(scRNA-Seq)では、数百~数百万個の細胞を使い、シングルセルの解像度で実験ニーズに対応した規模でサイエンティフィックな問いに答えます。
あなたが見ているのは真の細胞トランスクリプトームですか?単に平均値を見ているだけではありませんか?

今すぐ始めましょう!

平均値で満足する必要はありません!

シングルセル分解能

価値ある分解能

従来のRNA-Seq法では、細胞集団全体のRNAを解析していたため平均測定値しか得られず、個々の細胞におけるトランスクリプトームを示すことは不可能でした。シングルセルのトランスクリプトームを個別に解析することで、サンプルの不均一性を捉え、生体の基本単位である細胞単位の解像度を得ることができます。

Why settle for average

細胞運命の軌跡の追跡

細胞ごとに

隠れた差異を明確化

サンプルが腫瘍細胞、幹細胞、T細胞、または胚細胞であっても、不均一性は常に存在します。scRNA-Seqでは、単一細胞レベルの生物学的システムの複雑さを集団内で経時的に解析します。シングルセルトランスクリプトーム解析は、この動的な過程をすべての形態で詳細に、かつ偏りなく検討できます。

Tracking the trajectory of cell fates

制限のない実験

スケール

数百~数百万の細胞

意味のある解析にするためには、少ない数の細胞であっても、多い数の細胞であっても、細胞の特徴づけが必要です。scRNA-Seqの最新技術では、少量の非常に特異的な細胞の希少なサンプルでも、多くの細胞種を含む大量のサンプルでも、組織中の細胞の不均一性を同定することができます。高いキャプチャー効率を有する液滴ベースのscRNA-Seq法により、全体像を捉えることができます。

Experiment without limits

複雑なシステムを明確に

複雑性

細胞種を超えて

シングルセルRNA-Seqによって、同一サンプル内の何十万個の細胞における分子および細胞の特徴づけが初めて可能となりました。免疫系等に認められる複雑なシステムにおいて、解析は無限大に広がります。

現在、scRNA-Seqは以下の分野に適用されています
  • 免疫学
  • 神経学
  • 幹細胞生物学
  • 腫瘍学
  • 免疫腫瘍学
  • 機能ゲノミクス
V(D)J Recombination
Clarify complex Systems

遺伝子発現の革命を体感してください