空間的に解明する遺伝子発現

組織の新たな洞察を視覚化させる

すべての「何」に「どこ」を見出す

組織サンプルにおける細胞とその位置の関係は疾患病理を理解する上で重要です。空間的遺伝子発現解析(トランスクリプトミクス)は画期的なテクノロジーで、組織サンプルにおけるい遺伝子活性を測定し、その活動がどこで発生しているのかをマップすることができます。この技術は既に新しい発見を生み出しており、研究者による生物学プロセスと疾患の理解に役立っています。

セミナー

組織微小環境における状況を遺伝子発現で探索

空間的遺伝子発現テクノロジーの革新は、研究者に包括的かつ形態学的な細胞の理解をもたらしました。この発表では、10x Genomicsのサイエンティストが画期的なテクノロジーの改良とユーザーによる素晴らしいアプリケーションを学べます。

  • 遺伝子発現を超えて

    遺伝子発現を超えて

    染色画像上にトランスクリプトームとタンパク質のデータを重ね合わせ、これまでにないレベルで組織微小環境を理解します。空間的な情報と共に、新たな細胞タイプ、状況、バイオマーカーを明らかにします。
  • すぐに使えるソリューション

    すぐに使えるソリューション

    サンプル(ヒト、マウス、ラットなど)を超えて多様なサンプルタイプに互換性があり、洗練されたワークフローで組織切片からシーケンスライブラリーまで1日で実行できます。
  • 標準的なツール

    標準的なツール

    現在組織解析用にラボで使っている手法やツールと統合できます。免疫蛍光染色とイメージングを組み合わせ、空間的な状況にマルチオミックスの特徴づけを行いましょう。
  • 合理化されたデータ解析

    合理化されたデータ解析

    Space Ranger解析ソフトウェアでデータを処理し、Loupe Browser視覚化ソフトウェアデ結果をインタラクティブに見ることで、遺伝子およびタンパク質の発現不均一性を解析し、理解できます。
  • 仕組み

    新鮮凍結組織胃切片をまずは組織学的に画像処理(形態学的なHE染色、あるいはタンパク質同時検出には免疫蛍光)し、RNAに結合するプローブが並ぶ表面に置きます。組織は固定し、またRNA溶出のために透過処理することで近隣にあるキャプチャープローブに結合し、遺伝子発現情報を捉えることができます。キャプチャーしたRNAからcDNAを合成し、シーケンスライブラリーを作ります。シーケンスを行った後はデータを視覚化し、どの遺伝子がどの位置にどのぐらい発現しているかを決定します。

    製品の販売を開始しました