In Situ 解析技術

空間的データを拡大

高感度かつ細胞下レベルの分解能で遺伝子をin situ視覚化マッピング

In Situ解析は、組織切片上に細胞そして細胞下レベルの分解能で標的遺伝子の発現マップを作成します。これにより空間的なトランスクリプトームデータをさらに強固で精緻に捉えることができます。複雑な細胞ネットワークやその関係を詳細にマッピングすることで、疾患につながる生物学的プロセスをより明確に解明します。この技術はすでに細胞アトラス、神経変性疾患、免疫学、がんなどの新たな知見に貢献しています。

  • 細胞間の関係性をマッピング

    細胞間の関係性をマッピング

    細胞および細胞下レベルでの空間的情報を詳細にマッピングし、関心のある標的遺伝子にフォーカス
  • 組織形態の保存

    組織形態の保存

    新鮮凍結、固定凍結、FFPE組織から遺伝子とタンパク質の発現を同時検出し、データをH&E画像にマッピング
  • 空間情報とシングルセルデータを補完

    空間情報とシングルセルデータを補完

    安定した高感度かつ特異的なin situのエンドツーエンドワークフローでVisium空間的トランスクリプトームおよびシングルセルデータを強化

特長

    お問い合わせあるいはアップデートをご希望の方はご連絡ください。