組織構造における遺伝子発現を視覚化

研究者がどのようにVisium を今後の研究に活用しようとしているかをご覧ください。

Visium空間的遺伝子発現ソリューション

インタクトな組織切片からの高解像度遺伝子発現プロファイリング

Visium 空間的遺伝子発現ソリューションはインタクトな組織切片における全トランスクリプトームを測定し、遺伝子活性が起こっている位置をマップします。このソリューションは、局所的な遺伝子発現変動の高解像度な像を捉え、がん、神経科学、発生生物学などの研究に応用できます。空間的な位置情報を保ちつつ、異なる細胞グループを識別することで、細胞機能、表現型、組織微小環境内の位置に関する重要な情報を得ることができます。

このソリューションは研究室にある既存設備を使用して簡単に導入でき、様々な種類の組織から遺伝子発現情報を空間的に視覚化します。また事前にターゲット遺伝子を選択する必要はありません。10xのデータ解析用Space Rangerと視覚化ツールのLoupe Browserを使い、遺伝子発現データをH&E 画像に重ね合わせます。同じサンプルからRNAと形態学情報によって組織の特徴づけを行うことができるのです。シンプルかつ補完的なワークフローにより、組織切片から真の生物学の全体像を取得しましょう。

  • 空間的に得られた全トランスクリプトーム解析と形態学情報を組み合わせ
  • 幅広いサンプルにおける高スループット遺伝子発現プロファイルを取得
  • 全ての遺伝子活性位置をマッピングすることで疾患における複雑性の像を把握
  • バイアスのない解析により新規ターゲットを発見
  • 遺伝子発現解析のためにサンプルから細胞を分離する必要なし
製品シートダウンロード カタログダウンロード ブローシャーダウンロード

空間的遺伝子発現を明らかに

  • 数億のmRNAキャプチャーオリゴを含む5000 スポット
  • 高感度な遺伝子検出
  • 1日で完了するシンプルな組織とライブラリー調製ワークフロー
  • スポットあたり平均1–10 細胞をキャプチャー(組織タイプに依存)
  • 新鮮凍結組織サンプルで検証済み
  • 必要なスライドと試薬が同梱
  • 特別な装置の必要なし
ワークフローはこちらから
Single Cell CNV Product Suite
 

テクノロジービデオを見る

空間的な全トランスクリプトームと形態学情報の組み合わせ

Visium空間的遺伝子発現ソリューションにより、全く新しい方法で遺伝子活性をどのように視覚化できるかご覧ください。

空間的遺伝子発現テクノロジーについて

製品リスト

空間的遺伝子発現ソリューション

試薬および消耗品

反応
製品コード
Dual Index Kit TT Set A
96 rxns
1000215
Visium Accessory Kit
1000194
Visium Spatial Gene Expression Slide & Reagents Kit
1000187
1000184
Visium Spatial Gene Expression Starter Kit
16 rxns
1000200
Visium Spatial Tissue Optimization Slide & Reagents Kit
4 samples
1000193
セミナー

Spatially Resolved Transcriptomics: The Landscape of Tools for Spatial Gene Expression

  • Joakim Lundeberg, PhD, Science for Life Laboratory, KTH Royal Institute Technology
September 09, 2020
GenomeWebinar

Genetic and Spatial Heterogeneity in Human Papilloma Virus Associated Cancer of the Oropharynx

  • Joseph Powell, PhD, Associate Professor, Garvan Institute of Medical Research
September 08, 2020
LabTools: The Scientist Webinar Series

Single Cell and Spatial Transcriptomic Profiling of the Septic Kidney

  • Takashi Hato, MD, Assistant Professor of Medicine, Indiana University School of Medicine­
August 13, 2020
GenomeWebinars

10xシステムにご興味がありますか?